銀クリAGA ※育毛メソセラピーの効果と費用は


現在のAGA治療の実情は・・・

銀クリのノーニードル育毛メソセラピーの前に、現在のAGA、発毛治療の実情について知っておきましょう。

銀クリに限らず、現在のAGA治療は、フィナステリド等の内服治療が基本となります。

フィナステリドとは、俗に 『 飲む育毛剤 』 と呼ばれるプロペシア等の薬の成分で、毛周期を整え、髪の毛が抜けるタイミングを遅くするという働きをします。

プロペシアやミノキシジルを使っても、無駄になっている部分が多い 一方、リアップ、ロゲイン等のミノキシジル系の薬は発毛を促進する働きのある薬です。その為、これらは相性が良いと言えます。

実際、プロペシアとロゲイン、リアップを併用することで相乗効果があると言われています。

ただし、飲み薬や、塗り薬では毛根に行き着いて効果を発揮する薬剤の量が絶対的に少なくなるというところが最大のデメリットです。

つまり、せっかくプロペシアやミノキシジルを使っても、無駄になっている部分が多い・・・ということになります。


育毛メソセラピーとは

育毛メソセラピーとは 次に、銀クリAGA等で受けられる育毛メソセラピーについて知っておきましょう。

プロペシア(フィナステリド系)や、ミノキシジル系の塗り薬だけでは充分な育毛効果が感じられなかった人にとって、より期待度の高い治療法です。

育毛メソセラピーは、プロペシアの成分であるフィナステリド、そしてロゲインやリアップの成分のミノキシジルを頭皮に直接注入する方法です。

積極的にAGAに働きかける治療法と言えるでしょう。

さらに、銀クリAGAでは通常の育毛メソセラピーで使用される薬剤に加えて、成長因子複合体やコエンザイムQ10、ヒアルロン酸などが配合されています。

銀クリAGAで配合される成長因子複合体は、IGF-1 や、bFGF 、VEGF といったものが含まれ、これらはまさに発毛促進に影響する成分です。

銀クリAGA独自の配合になる、コエンザイムQ10、ヒアルロン酸、銅ペプチドといった成分は血流を改善したり、水分を補給することで、抜け毛を抑えます。

大事なのは、あくまでも日頃のプロペシアやリアップ等による、通常のAGA治療がベースにあるということ。その上で、効果を加速させるブースター的な位置づけと考えると良いでしょう。


デメリットは痛み

銀クリ公式サイトより引用 育毛メソセラピーのデメリットは頭皮に直接注射するという方法であるため、それなりの痛みを伴うという点です。

そこで、注射の痛みが苦手な人の為に、銀クリAGAではノーニードル育毛メソセラピーを行っています。
※画像は銀クリAGA.comのHPより引用

電気穿孔法(エレクトロポーション)
ミノキシジルは比較的、分子の大きさが大きいのですが、針を使わずにこれを頭皮下まで導入することができる機器を用いえうことで、銀クリAGAでは“痛くない”ノーニードル育毛メソセラピーが可能になりました。


銀クリのノーニードル法のメリットは料金が安いこと

銀クリAGAのノーニードル育毛メソセラピー 銀クリAGAのノーニードル育毛メソセラピーのデメリットは通常の方法に比較して、注入できる薬剤の量が少ないという点です。

しかし、頭皮下1cm以内であれば、本来の80~90%程度の量を導入できるので、事実上、効果の面で問題はないと言われています。
※画像は銀クリAGA.comのHPより引用

銀クリAGAのノーニードル法のメリットは、頭皮に注射する方式に比較して、安い費用で治療が出来るという点があげられます。

また当然ながら、施術中や、術後の痛みや腫れも全くないので、銀クリを訪れる患者の多くがノーニードル育毛メソセラピーを選択しています。

逆に言うと、ノーニードル育毛メソセラピーを受けたいということが、銀クリAGAを選択する理由になっているようです。

Pick up

フィード