銀クリAGA ※育毛メソセラピーの効果と費用は


ずっと続ける必要があるか?

育毛メソセラピーはずっと続ける必要があるか? 育毛治療を受けている、あるいは受けようと考えている方たちの共通の悩みに「この治療を一生続けなければならないのか?」というものがあります。

「育毛メソセラピー」を受けたいと考えている人も同様でしょう。

「この治療が終わればもうずっと薄毛のことは悩まなくても良いかもしれない。でももしかしたらこの先ずっと治療費のことを考えていかなければならないのかも。」と。

育毛メソセラピーで一旦発毛の効果が見られたということは、毛根の毛母細胞の活動が活性化してきたということです。ヘアサイクルでいうと「休止期」に入って休眠していた毛根が目覚めて再び「成長期」に入ったと考えられます。

理論上では、一旦目覚めた細胞がそのまま活動を継続することも考えられます。しかし実際には細胞が休止に至る原因があったわけですから、その原因が除かれていない限り再び細胞が休眠してしまう可能性の方が高いでしょう。

例えばAGA(男性型脱毛症)なら男性ホルモンの作用でヘアサイクルの休止期間が長くなってしまうわけですから、それをなんとかしないとまた元の状態に戻ってしまうと思われます。

ですから実際には育毛メソセラピーを継続するまではいかなくても、様子を見ながら「プロペシア」などの薬剤の服用は続けるといったケースが多いようです。

この場合、育毛メソセラピーは薄毛状態から脱却する為の"きっかけ"と考え、脱却した状態を維持する為の努力もまた必要と考えなければなりません。

しかし必ず薬の服用の継続が必要だと言っているわけではありません。中には日常のヘアケアや生活習慣の改善だけで充分"薄毛脱却状態"をキープできる人もいるでしょう。

そして何より「一生」の問題かどうかもその人次第です。例えば「還暦過ぎてまで努力を続けなくてもいいや。」という考え方も充分"有り"ですから。





Topics

フィード