銀クリAGA ※育毛メソセラピーの効果と費用は


フィナステリドの副作用とアレルギー

フィナステリドの副作用とアレルギー AGAの治療に主に用いられる内服薬プロペシア(フィナステリド)には、まれに性欲減退などの副作用が見られるとあります。

育毛メソセラピーでもフィステナリドはいわゆる「脱毛男性ホルモン」であるDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑えるために重要な使われ方をします。

ですが頭皮下の毛根付近へ直接薬剤を注入する育毛メソセラピーでは、薬の成分が身体中にまわる内服に比べ、副作用の起こる危険性は非常に少ないと言えます。

しかし女性に対するフィナステリドの副作用のリスクは胎児への影響を伴う非常に重大なものです。

いかに身体の他の場所への影響が少ない育毛メソセラピーといえども、女性に対してフィナステリドを使用することはまずありません。 (まして妊娠中の女性であれば、そもそもメソセラピーの施術そのものが見合わされるでしょう。)

全体的に見て副作用の危険は少ない育毛メソセラピーですが、薬剤を用いる以上全くその可能性がないとは言えません。

極めてまれなケースですが、アレルギーの症状が出たり、皮膚に痛みが残ったり出血したり(これらは副作用とは言えないかもしれませんが)することはあるそうです。

そこで極力そのようなことが起こらないように事前のアレルギー検査などはしっかり行っておく必要があります。

治療を受ける患者サイドでも、施術後すぐの入浴や整髪は避けたり、激しい運動や飲酒は慎むなど生活面での常識的な行動は最低限守るべきでしょう。





Topics

フィード