銀クリAGA ※育毛メソセラピーの効果と費用は


育毛メソセラピーとHARG療法の違い

「育毛メソセラピー」は、育毛・発毛に効果のある薬剤を頭皮下に特殊な技法で直接注入し、毛根部分に働きかけてその活動を促進するという薄毛治療法です。

育毛メソセラピーとHARG療法の違い さて、育毛治療の経験のある方や興味があって色々と調べている方ならここで「?」と思うかもしれません。

よく似た治療法の話をどこかで聞いたことがあると。

そうです。「毛髪再生医療」と言われる「HARG療法」も、育毛メソセラピーと同様に頭皮下に独自の薬剤を注入して発毛促進するという治療法です。

では、この両者の違いはどのようなところにあるのでしょうか?

まず治療費を比較してみると、施術1回あたりの費用が育毛メソセラピーで最低2万円台程度なのに対し、HARG療法ではモニター価格などを設定している病院もありますが、それでも12万円が一応の目安となっています。

ではなぜHARG療法の方がこのように高いのか。

それは注入する薬剤の中に、「細胞成長因子(グロースファクター)」が含まれているからです。

HARG療法に用いられる細胞成長因子は人の幹細胞から抽出したたんぱく質AAAPが使われています。この成長因子が毛根内の毛母細胞を活性化させ、休眠した毛母細胞を再び活動させます。

突き詰めて言えば、育毛メソセラピーよりも高い効果が出る可能性があると言えます。

しかし価格の差は大きいので、通常育毛治療を始める場合にはまず医師のカウンセリングや検査を受けてからまず内服薬「プロペシア」や外用薬「リアップ」を試してみる。

それで効果の無い場合、育毛メソセラピーを試す。

それでもなお効果が感じられない場合にHARG療法に踏み切る。 といった段階を踏むのが一般的でしょう。

もちろん金額にはこだわらずに最も効き目のありそうな治療法から行う方もいるでしょうし、予算と相談してどこかの段階で治療をストップするのもそれぞれの判断次第です。

ところでHARG療法と育毛メソセラピーとの区別で肝心な点がもう一つあります。

それは「HARG療法」と名乗れるのは「日本医療毛髪再生研究会」で「HARG治療施設」と認定を受けた医療機関だけだということです。

他にも例えば「SBC毛髪再生医療センター」のように独自の成長因子を使ったメソセラピーを行っているところはありますが、「HARG療法」とは呼ばれておらず、明確に区別されています。





Topics

フィード